未分類

【楽園蒲田】ゾロ目実践!当日の並び・抽選人数・フロアマップ・台データを調べてきました

くまにい
くまにい
こんにちは、元スロプロ、現起業家のくまにいです。

今回は都内にあるパチンコ屋の「楽園蒲田店」にゾロ目の日ということで、実践(遊び)に行ってきました!

楽園系列は、1月1日、1月11日、2月2日、2月22日・・といった、月と日にちが重なるゾロ目日が旧イベント日と重ねるので、熱いんだとか。

こうして個人メディア運営を中心に行い、生計を立てている僕としては、

「せっかく遊びに行くなら、当日の状況をブログ記事にしたら一石二鳥だな」

ってことで、今回、楽園蒲田店にお邪魔したついでに当日の情報をシェアしようかなと。

今回の記事では、

  • 当日の並び状況と抽選時間
  • 抽選時の抽選人数
  • フロアマップはどこで見れるのか?
  • また、台データはどこで見れるのか?
  • 楽園蒲田店の、本館と新館の入場方法
  • 当日の出玉状況

これらについて書いていきます!

僕はもうスロプロではなく、データをガッツリ取っているわけではありません。

なので当日の狙い台などの勝つための情報は届けられませんので、そこは期待しないでくださいね。笑

ただ、抽選から入店し台着席までの流れは、この記事を見れば分かるようになっているので、ぜひ参考にしてください!

それでは書いていきますー。

当日の並び状況と抽選時間

まず楽園蒲田店の抽選開始時間は9時20分

再整列時間は9時45分からとなっています。

※おそらく今後抽選時間に変更はないと思いますが、抽選時間は一度楽園蒲田店のp-world情報をチェックするのが確実です。

なんでも1000人に達した時点で、抽選人数を打ち切るというルールがあったため、当日は余裕を持って9時に到着。

今は都内に住んでいますが、昔、田舎に住んでいる時にも聞いたことがあるホール名だったので、

「9時(抽選20分前)でも300〜400人くらいは並んでるだろうなー」

と思いながら、いざ、整理券番号を受け取ってみたら92番。

全然余裕でした(笑)

抽選時の抽選人数

ちなみに9時20分の抽選打ち切り時間に集まった、最終的な抽選人数は約400人

抽選を待つ場所があるのですが、ここの収容人数が約400人+ちょうど埋まっていたので、最終的な人数は正確かと。


⬆︎見ての通り、収容所みたいな雰囲気でした(笑)

楽園蒲田店の台数は全800台以上あるので、抽選漏れで打てないってことは、よほどの強イベ日じゃないと無いでしょうね。

ちなみに管理人は写真を撮り忘れましたが、抽選は34番と良番。メイン機種である初代まどマギに特攻しましたが、無念の25000円負けに終わりました。許すまじ…!!

フロアマップと台データはどこで見れるのか?

抽選が終わったら、次に確認したくなるのは店内のフロアマップですよね。

これが店によって、p-worldに掲載している店もあれば、店外に貼ってあるお店があったりでややこしい…。

調べてみたら、楽園蒲田店のLINE@を登録すれば見れるようになります。

ちなみに楽園蒲田店のLINE@は、ID検索で「@rakuen-kamata」を入力すると、友達追加することができます。


⬆︎LINE@の友達追加後の画面

上の画像にもありますが、台データもLINE@の登録後に見れるようになりますね。

台データは2日前まで見れるみたいですが、2日間連続の凹み台を鉄板で上げてくる、もしくは、前日高設定をそのまま据え置いてくるなどのクセを把握していなければ、ほぼ役に立たないと思います(笑)

本館と新館の入場方法

あとは本館と新館の入場方法ですね。

楽園蒲田店には本館と新館があるのですが、その入場方法がすげー分かりづらかったので、画像付きで解説しようと思います。

まず開店時には、正面入口から入ります。
ここはお店の人が案内してくれるから、まぁ問題ないでしょう。


⬆︎正面入口

扉が開くとすぐに、本館と新館の分かれ道が現れます。

簡単に説明すると、本館に進みたい場合は下の画像で示した方向に進み、

新館に進みたい場合は、下の画像で示した方向に進んでください。

新館に関しては階段を上がったら、あとはフロアマップに従って進むだけなので、特に迷うことはないかと思います!

問題は、本館の入場方法。

ややこしい本館の入場方法について

本館の入場については先ほどの画像に沿った方向に進むと、突き当たりの左手側に自動ドアが現れます。

自動ドアの空いた先に本館に入場する入り口があるので、そこから入場すれば本館に辿り着きます!

あとはこちらもフロアマップに従って動けば、迷うことなく狙い台に座れますね。

余談ですが、管理人は本館の初代まどマギに座ろうと思ったら入場方法を間違え、新館の初代まどマギに座ってました。

この項目を詳しく書こうと思った経緯は、自分自身のミスからです←

当日の出玉状況

僕は昼過ぎ(15時頃)には一緒に来ていた友人と、

「飽きたし、ツモってないから帰るか」

ってことで帰宅したのですが、その前に店内の出玉状況を見た感じだと、全台系で入れるというよりかは、全機種にチラホラ当たりの台を入れるというスタイルなように見えました。

強いていうなら当日の様子だと、「HEY!鏡」や「ハナハナ」辺りにまとまって入ってるかなーという印象。

やっぱお店としても、これから使える6号機やAタイプなどに力を入れているんでしょうね。

メイン台だからといって特に盛り上がっている様子はなく、メイン機種の1島に当たり台が1〜2台あるかなって感じだったかな。

おまけ:当日の感想

まだ1日しか行ってないですけど、一応有名であるホールがこんな感じだったので、

「うおー!またリベンジしてやる!!」

とはなりませんでした(笑)

やっぱりスロットは遊びだと割り切って、友達と打つのがいいですね。

(遊びとはいえ、設定1を打ち散らかすなんてことはしませんが)

負けたからといって、熱くなって負けた店舗に通うなどのループに陥ったら、勝てるもんも勝てなくなるし、本来娯楽であるパチスロも嫌なものになってしまうので…。

やっぱり人生にパチスロを打つという選択肢があるなら、精神的に余裕がある状態で打つのが一番だと思います。

僕は今でこそ起業家としてそこそこ成功し、田舎から引っ越して、渋谷区に住んでいますが、田舎でスロプロをして飯を食ってた時は酷かったですもん(笑)

確かに生きてくだけの収入は稼げましたが、人生が本当につまらなかった。。

パチスロを打つのもいいですが、間違いなくこの魔物(笑)は、適度な距離感を保ちながら、友達とたまにワイワイと打ちに行くのが丁度いいと思うので、もしパチスロに悪い意味で、どハマりしているのであれば、次の選択肢を考えながら行動するのが得策かなと思います。